2014年11月30日

癒しの飲み物作り 焙煎を実体験


発明とかアイデアとかは、何でもありです。
生きている限りはアイデアが生まれます。
脳の仕事なんですね。

体が癒されるとか言いますが、結局は脳が癒やされるんですよね。
手足や体に来る信号を処理して、これは気持ちいいとか、悪いとかは脳が判断するわけですから。

そうすると、味も脳が決めますね。
匂いとか、食感とか、色とかも全部関係して脳が味覚を決めます。

そして、結果として癒されます。

それを踏まえて癒しの飲み物を作ります。
コーヒーはなぜ癒やされる。 お茶もそうですね。

いろいろ理屈はありますが、新しいコーヒーづくりに挑戦です。


実験

かmぼちゃ

かぼちゃの皮を乾燥させ焙(あぶ)り。

粉に

粉にします。

いろいろ

焙ったいろいろな素材、材料を煎じてみます。
焙(あぶ)って煎(せん)じるから焙煎

いろいろ[4]

えーと 何が何やらわからなくなりました。
ゴーヤとか、なんだっけ。 大豆?


試飲

結果はどうだろう

さて飲んでみます。

色が良い

良い色加減になっています。


反省

反省会

結局、何がなんだか。

またやろう。
やっぱ、乾燥は事前にやっておかないと。

 

posted by おちば工房 at 18:28| Comment(0) | 日記

2014年10月02日

ペットボトルで発想しよう。 きれいなコップに早変わり。

発明っていうのは、発想を実用にしたときにパッと明るくなった状態です。

へーって頭の中も明るくなります。
決してハゲあたまに反射するわけではありません。

ペットボトルをどうしていますか?
世の中の大体の人は、キャップを外して集めてまた溶かして、石油にするんだ。
とか、一生懸命キャップだけ集めていたりします。そして、本体も溶かして再生ができるんだと一生懸命潰しています。

それは全然悪くないですよ。 いいことです。 リサイクルです。

でもですね! リサイクルするには、洗って、集めて、運んで、溶かして、とかたいへんな作業があるわけです。
それでもいいんですよ。 社会貢献ですよ。地球にやさしくでしょ! それは文句ありません。

でも自然はあんまりいじって欲しくないって言ってますよ。
たぶん。 作ったんなら、最後まで使えと。

なんて偉そうですが。
今日は、ペットボトルの良い利用法の発明です。

丸いペットボトル[4]
断面の丸いペットボトル(メーカーが違います。)

ちょっと丸みのあるペットボトルを使います。
炭酸とか圧力が加わる飲み物に多いですね。

アリャー 知識があふれるー
要するに、キャップを外すときにプシャー(梨汁ではないです。)と出るペットボトルはマルイでしょ。

断面が◯の形は風船が丸くなるように、圧力が自然に広がる一番強い形です。 この写真は2個のボトルが写っていますが、メーカーが違います。 外形も少し違います。
メーカー名がわからないので、放送しやすいでしょ。

これをどうするかって?
そこのあなた。 潰さないでくださいよ。
見えませんか。

私には見えます。

コップ

こんなんでましたー
きれいなコップです。
すごいでしょー こんなにきれいなコップが隠れていましたー。

特徴があります。
・無料
・落としても割れない
・軽い

この特徴って、外のキャンプとか、非常用とか、旅行用とか子供用とか、手の震える、コップを落としそうな人とかに最高ですよね。 バスや電車のなかでも紙コップより絶対おいしいですよ。

(投げても割れない。夫婦コップに最高かも。 これはまだ秘密です。)


それだけじゃない。

外径が違うって言ったでしょー
重なるペットボトルコップ

直径が違うから、重ねて合わせることができます。
すごいですね。 ガラスのコップではありえません。
割れちゃいますね。

それがどうしたって?

透明なペンケース
ステキな文房具入れ
いいでしょ。 もとろんもちろん立てて使えますし。 文房具入れって結構ほこりも入るんですよー これなら安心

ペットボトルで作るケース

もう合わせると、立派なケースですからなんでもOK(おっけー)です。 ネクタイなんか型崩れしないでしょ。

折りたたみ傘入れにすれば、雨の後でも収納できます。
使い方はあなたごのみですよ。


癒されるアイデア研究 NPO法人 真癒士協会

posted by おちば工房 at 15:27| Comment(0) | 日記

2014年09月15日

折り紙陶器の釜焼き結果 初回

やー 陶器になる紙を使って、折り紙風に作りました。
それを焼いちゃいました。

陶器折り紙

焼き上がり後

やー大成功ですね。
きれいに鶴ができましたよ。
ピラミッドみたいのも焼けてます。

壊れます

取り出しましょう。

あれー?!!
ボロボロになってしまいます。
ゴジラが壊すビルみたいです。
つかもうとすると、粉になってしまいます。

成功ですね。 映画のセットとしては。

なんでー
焼きあがった後に、ちょっとたたいて、どんな音がするか期待していたのですが。

問い合わせメール

陶紙の購入先にメールで崩壊の原因を質問してみました。
そうすると、温度が低かったからだそうです。
温度が低いと、粘土のつなぎのパルプ成分だけが燃えてしまい、陶器の成分が溶けなかったからだそうです。

それで崩壊したそうです。
あーほうかい。

次 いつやるの?
いーですね。
楽しい経験で次の楽しみが増えました。

posted by おちば工房 at 13:54| Comment(0) | 日記